田中矯正歯科医院のブログ


by chimoru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マイナスイオン効果。


よく電化製品などで効果として謳われているものです。
私も、“マイナスイオン効果により疲れがとれる!”
なんて言われると、やっぱりそんな機能は付いてないより付いているタイプを選んでました。
ところが、あまり科学的な根拠が無いそうです。
えー、じゃあ ハワイが気持ちよくて人気があるのはハワイの地下層にあるマイナスイオンによるものだ!というのはうそ!?
空気清浄機のマイナスイオンボタンは意味がないの!?
新庄のブレスレットは!?、、、、って、これはマイナスイオンじゃなくゲルマニウムだった!
うーん、 だまされた気分だ。

もう、うそでもいい、疲れを取りに銭湯へいこう。
今日は、行きつけの銭湯で“天然ラドン湯”に入って疲れをとろう、、、。

あ、今日は違うものを書こうとしてたんです。
紹介までに、 「IQサプリガム」です。

噛んでスッキリ、解いてスッキリ! 「IQサプリガム」 | Excite エキサイト

以下 マイナスイオン記事です。

「マイナスイオン商品」根拠なしも、都が文書指導

 「細胞を活性化させ、心に安らぎをもたらす」「たばこや排ガスを浄化し、空気をきれいに保つ」――。こんな「マイナスイオン」効果をうたったインターネット広告に、科学的根拠がないものが含まれているとして、東京都は7業者に対し、景品表示法を守るよう指導した。

 マイナスイオン商品は数年前から、健康志向に乗って市場を拡大。都は表示に問題がありそうな布団やネックレス、空気清浄器など8商品を選び、業者に資料の提出を求めた。

 業者側は「材料のトルマリンからマイナスイオンが発生する」などと説明したが、都で分析したところ、商品の仕組みと合致しない実験データを示していたり、ネット上で見つけた数値を根拠なく引用したりしていて、広告内容には裏付けのないことが判明。都は27日に文書で指導した。
(読売新聞) - 11月28日12時36分
by chimoru | 2006-11-28 19:46

歯医者さん 削減策検討

町にでて見渡すと、必ず目にはいてくるのが歯医者さんと美容院。
どっちも異常に多いんですが、何故かどんどん新しいのができるんですよね。
コンビニってたくさんあって、どこにでもあってとっても“便利”ってことで名前が付いてると思うんですが、歯医者の方が多い!って知ってました?

以下、記事です。


歯科医師の養成、1割削減を 厚労省検討会、提言へ
2006年11月22日00時56分

 このままだと歯科医師が増えすぎて将来大幅に過剰になりかねないとして、厚生労働省の検討会(座長=斎藤毅・日大名誉教授)は21日、大学歯学部の入学定員の削減などで、新たに養成する歯科医師の数を、少なくとも毎年1割程度減らすよう提言する報告書をまとめた。国家試験についても、合格基準の引き上げや出題内容について幅広く検討すべきだとした。

 同省の04年調査によると、歯科医師の届け出数は約9万5200人。毎年約1500人のペースで増えているのに対し、患者数の推計は96年の約130万人をピークに減少傾向が続いている。

 報告書は、このままの状態が続けば、歯科医師の数は2025年に約1万1000人過剰になると推計。専門職としての魅力が低下し、歯学部の入学者の質が低下するとともに、教育・研修に必要な患者数が足りなくなり、未熟な開業医が増えて患者にも悪影響を及ぼす、などと指摘している。

 歯科医師数をめぐっては、80年代までに私立大学を中心に歯学部の開設が相次ぎ、厚労省の検討会は98年にも歯科医師の10%削減を提言したが、これまで入学定員は1.7%しか削減されていない。このため今年8月、厚労相と文部科学相は、入学定員削減と国家試験の合格基準引き上げに積極的に取り組むことを再確認していた。
by chimoru | 2006-11-22 12:59
キシリトールの効果や良さについては以前からお話しているので省略しますが、なんと、妊娠中にお母さんが積極的にキシリトールを摂取すると生まれて来た子供も、効果があるそうです。

妊娠中の方は是非、摂取してもらいたいですね。

以下、記事です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


 妊娠中から出産後にかけて、虫歯菌(ミュータンス菌)や歯垢(しこう)を減らす作用がある天然甘味料「キシリトール」を摂取すると、産まれてくる子どもの虫歯菌感染が抑えられることを、岡山大大学院の仲井雪絵助手(歯科医師)らが突き止めた。

 虫歯菌の感染が遅いほど、虫歯になりにくくなるとされており、母親の心がけが、子どもの虫歯予防につながることを実証した研究成果として注目される。

 虫歯は、虫歯菌が砂糖などを分解する際にできる酸が歯を溶かすために起こるが、キシリトールを摂取すると、酸が生成されないうえ、虫歯菌を、歯からはがれやすい善玉菌に置きかえる作用が確認されている。(読売新聞) - 11月16日
by chimoru | 2006-11-18 12:51

虫歯治療が痛くない!!

f0046788_1828760.jpg

虫歯治療と聞いただけで、背筋がぞっとする人も多いのでは。
ところが治療が痛いなんてのは昔の話。
麻酔もドリルも使わない。
実際に治療した人は“あっという間に終わった、、。”
というほど治療は簡単なものらしい。
医師が使用したのは殺菌力のあるオゾンガス。

その名も『ヒールオゾン』
f0046788_18275577.jpg

オゾンで細菌を死滅させる優れもの。
歯は削らず、ガスを吹きかけるだけ。治療時間はなんと!一分ほどらしい。
ドイツの医療機器メーカー KAVOが03年から販売しておりヨーロッパ、カナダなど一万人を越える医師が使用している。
日本では認可が得られていないので、自費診療になるようです。
by chimoru | 2006-11-11 18:29
久しぶりに、矯正についてのコメントです。
この前、あるものをアメリカから試しに輸入したんですが、、、

結構 いけますね、これ。
スポーツされる方や、サックスなど楽器を吹く人で、そのままだと器具に当たって痛い!なんて人にお勧めです。
その名も“コンフォータブル・カバー”
まぁ、快適ってなことなんでしょうけど。
使い方は簡単です。
断面がコの字状になっている透明なゴム製の棒を適当な長さに切ってもらい、装置の上からパチン、パチンという具合につけるだけです。
f0046788_1273599.jpg


これで、矯正歯科治療中も思いっきりスポーツしたり、楽器を吹いたり出来ますね!
by chimoru | 2006-11-08 12:09