田中矯正歯科医院のブログ


by chimoru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 68 )

歯の銀行!!

ちょっと前の話になりますが再生の話しが出たので紹介します。
矯正歯科治療で抜いた歯をなんと冷凍保存して、また植えることができる!!


親知らずや歯科矯正の治療のため、健康な歯を抜く予定のある人は、抜いた歯をティースバンク(歯の銀行)に預けるという方法もあることを知っておこう。
ティースバンクとは、何らかの理由で抜かれる健康な歯を、自分のために冷凍保存しておくシステム。保存しておいた歯は将来、虫歯や事故などで歯を失うことになったときに、解凍して再利用することができるというのだ。
実はこのシステム、2004年4月1日に、世界でも初めて広島大学で事業化された。ティースバンク事業を運営するのは、同大学発のベンチャー企業、スリーブラケッツだ。
ティースバンクによる歯の再利用の仕組みは次の通り。
まず、親知らずや矯正治療で抜いた歯をティースバンクに預けると、磁場を使ったプログラムフリーザーで歯を凍結、次いでマイナス150度で長期にわたって保存される。預けられた歯は将来、虫歯などで歯を失ってしまったときに解凍され、従来のインプラントや部分入れ歯の代わりに、抜けた部分に移植できる。
ただし、預けることが可能なのは、移植による生着が可能な健康な歯に限る。したがって、上下の親知らずや、歯列矯正のために抜歯される上下の小臼歯が保存の対象になる。
スリーブラケッツで、実際に事業の中心役を担っている河田俊嗣氏(広島大学病院口腔健康発育歯科矯正歯科講師)によれば、親知らずは、第1、第2大臼歯の部分に移植できる。また小臼歯は、下顎の前歯以外なら、歯の形を整えることでどこの部分にも再利用が可能だという。
以前より、親知らずを抜いた場合、即座に必要な部分に移すという技術は確立されていた。これは「即時自家歯牙移植」といって、保険適応にもなっているくらいポピュラーな方法だという。しかし、これまで抜いた歯は、1時間以内に移植しないと歯の生着に必要な「歯根膜」という組織が機能しなくなることや、移植が必要になった時期には、移植する歯がすでに抜歯されていたりすることなどから、実際に治療を受けられる患者さんは少なかった。
また、冷凍保存した自分の歯を移植するという方法も、研究レベルではよく行われていたが、これまでの冷凍方法では、組織中の細胞の破壊が大きいため、移植の成績にバラツキが多かった。広島大学でティースバンクをビジネスとして立ち上げることができたのは、「保存する歯の組織に障害を与えない、磁場を使った独自の冷凍技術の開発によるところが大きい」と河田氏は話す。
入れ歯やインプラントに比べて、自分の歯を抜けた部分に移植することのメリットは、「歯根膜がついているので、“噛みごたえ”が得られることが一番の魅力」と河田氏は強調する。歯根膜の組織からは、神経や血管が再生するので、普通の歯と同じような噛みごたえが約7割は戻る、と言われているそうだ。
さらに、インプラントは骨の一部と癒着するため、年をとって細菌感染などのトラブルが生じたときに、歯を除去しにくいという欠点もある。だが、自分の歯なら緊急事態のときに簡単に再抜歯ができるという点もメリットだ。もっとも、歯周病で歯を抜かなければならなくなった患者さんには、インプラントも移植も適応は難しいという。
解凍し、移植した歯は、動かないように3日間ほど強く固定した後、噛む力の刺激をゆっくりと加えていくために1カ月間ほどワイヤーによる固定を行う。また、歯根が完成している歯の移植後1カ月目には、歯髄処置が必要な場合もある。いずれにしても移植歯は、全く違和感なく噛めるようになるには2~3カ月間ほどかかるという。

気になる料金だが、歯1本あたりティースバンクに20年間預けるのに9万円、解凍して移植するときに10万円、ほかに血液検査の2万円など、合計で約20万円と少しかかる。
 なお、すでに抜かれた歯は、歯根膜が乾燥して死んでしまっているため、冷凍保存できないので注意したい。現在、広島市以外に住んでいる人も、東京都、大阪市、愛媛県松山市、広島県呉市、広島県福山市、名古屋市などでは、提携医療機関を紹介してくれるというので、問い合わせてみるといいだろう。
抜いた健康な歯は、捨ててしまうのはあまりにもったいない。自分の歯をリサイクルするこのシステム、検討する価値はありそうだ。
by chimoru | 2006-03-08 11:35

親知らずから再生療法へ

何かと騒がれている幹細胞の話しです。
歯もそのうち、抜けても抜けても植えられるかも。


親知らずの元から“幹細胞”再生医療への利用期待

 産業技術総合研究所セルエンジニアリング研究部門(兵庫県尼崎市)は7日、大阪大と共同で親知らずの元になる歯の細胞=歯胚(しはい)=を使って、肝臓、骨などに効率よく変化する“幹細胞”を取り出すことに成功したと、発表した。

 この“幹細胞”を使って傷んだ肝臓や骨が再生することをラットを使った動物実験で確認しており、歯列矯正などの際に捨てられてきた親知らずの歯胚を使った再生医療に道を開くと期待される。

 歯胚は歯が形成されると消失するが、成長が遅い親知らずの歯胚は、10~16歳ごろまであごの骨に埋まっている。歯列矯正の際に抜かれてしまうことが多いが、研究グループは、この歯胚の増殖能力に着目した。

 細胞1個を取り出し培養すると、短期間で急速に増殖することが判明。さらに、ホルモン投与などで刺激を与えることで、骨細胞や神経細胞だけでなく肝細胞にも、変化することを突き止めた。

 研究グループは、骨髄から採取した幹細胞で骨や心筋細胞など様々な組織の細胞を作り、実際に治療に応用しているが、今回の歯胚を使った方法は、骨髄の幹細胞を使う方法に比べて、骨細胞、肝細胞などへの増殖効率がはるかに高いという。また、実際に人の歯胚から採取した細胞を、肝臓障害を起こしたラットに移植したところ、3週間で障害が治癒したという。

(2006年3月7日23時36分 読売新聞)
by chimoru | 2006-03-08 10:25

ココアで心疾患死亡減!

忙しさにかまけて、久しぶりの更新です。

ココアで心臓病などの死亡率が減少するそうです!!
みのもんたの番組でもココアが良いって言ってたような・・・。

((米医師会雑誌より))
ココアを飲んだり、ココア、チョコレート成分の入った食品を摂取したりすることで、血圧が下がり、心臓病などによる死亡率が減少する可能性のあることが、オランダの研究チームの追跡調査で分かった。
 調査は、1985年から始まり、開始時点で健康に問題のない65歳から84歳までのオランダ人男性470人が対象。90年、95年に健康診断と食事内容の聞き取りが行われ、ココア(成分)摂取量に応じて男性を三つの群に分け、15年間追跡した。

 最もココアを多く摂取したグループ(1日摂取量平均4・18グラム=ココア飲料約1杯分)の血圧は、摂取ゼロのグループに比べ、最高血圧で平均3・7mmHg、最低血圧で平均2・1mmHg低くなっていた。

 心疾患で亡くなった152人をココアの摂取量で見ると、摂取量が最も多いグループで亡くなった人数は、摂取量が少ないグループの半分。体重や喫煙、運動、アルコールなど心疾患の発症にかかわる要素を考慮しても少なかった。

 研究チームは「心疾患の死亡率が下がったのは、ココアによる降圧作用だけでなく、ココアに含まれる抗酸化物質などの要因が考えられる」としている。 
by chimoru | 2006-03-08 09:29

口臭予防!

このあいだ、患者さんから面白いことをテレビで言っていたのですが本当ですか?と聞かれ調べてみました。
月曜エンタぁテイメント 2月6日放送分です。


○ヨーグルト歯磨き
歯磨き粉で歯を磨いた後にヨーグルトで歯を磨く。
ヨーグルトはノンシュガーなら何でもオッケー。乳酸菌が複数種類入っている「カスピ海ヨーグルト」「コーカサスヨーグルト」などはより効果が望める。
歯を磨いた後は口をすすがないこと。すすぐと乳酸菌が口中に残らないため 早ければ3日で口臭予防効果が出る。

[何故効果が出るか]
善玉菌である乳酸菌が口中に入ることによって、口中の悪玉菌の繁殖を抑える。

○シャワーマッサージ
歯磨き後歯茎に30~40秒シャワーをあてるだけ。
ただし1分以上当てると逆に歯茎を痛める可能性もあるので注意する。

[何故効果が出るか]
シャワーの水流で歯の表面に浮いたプラーク(歯垢)が飛ばされるため。
さらにシャワーの中に入っている気泡が、歯に当たって割れるときに発生する超音波の力で、直接歯に当たっていない部分のプラークも落ちやすくなる。
○お茶うがい
お茶に含まれたカテキンの殺菌作用を利用した予防策
食事中もしくは食事後、一杯お茶を飲み、最後に口をお茶ですすぐだけ。

[何故効果が出るか]
お茶に含まれるカテキンの力で口中の細菌の繁殖を抑えるため。

色々、面白い方法があるもんですね。。
by chimoru | 2006-02-14 20:34
f0046788_17184.jpg
ハブラシで痩せる記事があったので報告します。
[東京 ロイター] 
スリムなスタイルを維持したい? ダイエット本やジムの会員権のことは忘れなさい。日本のある研究によると、もっと頻繁に歯みがきをすれば健康状態と見た目が向上する、かもしれないそうだ。 平均年齢40代半ばの1万4千人を対象にした生活習慣の調査で、ほっそりした体型を維持している人は毎食後に歯を磨いていることが多いという結果が出た。東京慈恵会医科大学の和田高士博士が発見した。 日本肥満学会の紀要に発表された調査結果によれば、太り過ぎの男性はしばしば一日に一度も歯を磨いていないという。 和田博士の研究チームは、肥満度指数BMIが25以上(医師によって肥満と判断されるレベル)の人と、痩せた人の生活を比較した。調査は飲食、睡眠、労働、運動の習慣にわたっている。 この結果は、歯みがきそれ自体が脂肪燃焼運動になるということを意味しているわけではない、と博士は言う。 曰く、「歯を磨く人々は健康に気を遣っているということだ。歯を手入れし、臭い息を防ごうとしている」「歯みがきの習慣を積極的に奨励することは、健康を維持し肥満を防ぐのに重要な役割を果たすことになるだろう」
by chimoru | 2006-01-27 17:16

食中毒

水曜日から食中毒にかかり大変な目にあってしまいました。
原因はコンビニのおでんだと思うんですが。
よく食べていたので“まさか”とはおもったのですが、それしか食べてないんで。
いや~、とにかく辛かった。おでんの匂いを嗅ぐことも出来ない状態。
やっと今日、腹痛が治りやれやれといった感じです。
昨日は日本臨床矯正歯科医会の委員会がありましたが、とても参加できる状態でなく欠席させていただきました。皆さん、ご迷惑おかけしてすみません。
ただ、ちょっとしたダイエットにはなったかなとプラスに考えます。

後、今日はブログを始めてやっと矯正関係のことをお知らせします。
f0046788_16423430.jpg「キッズの歯並び すくすくスクール」という本が2005年冬、小学館スクウェアから発刊されました。
私も日本臨床矯正歯科医会の広報委員をしていて、このMook本の作成に参加させていただきました。 今回は小学生を対象にしました。乳歯から永久歯へと歯が生えかわる時期の子どもやその親に、歯並びや矯正歯科治療について正しく知ってもらうための本です。親子で楽しみながら矯正歯科治療について学べる一冊になっています。尚、ご希望される患者さんに差し上げますので、受付までお申し出下さい。
次回は、今まで発行してきた本の紹介をします。
by chimoru | 2006-01-27 16:53

金沢文庫

昨日は、金沢文庫へ行ってきました。
f0046788_18444711.jpg

この画像は金沢文庫の称名寺っていう寺です。
金沢文庫とは、鎌倉時代に、北条実時が武蔵国久良岐郡六浦荘金沢(現、横浜市金沢区)の邸宅内に造った武家の文庫で、現在では歴史博物館として活動されている素晴らしいとこなのですが行ったことはありません。
実は、私の矯正の師匠の先生が金沢文庫駅近くで開業しており、所要で行ってきただけなんですが、、。
この次に行く時は、是非見てこよう!
by chimoru | 2006-01-24 19:00

初めてのブログ

生まれて初めてブログをしてみました。
よくわからないなりに、書いてます。
これからは画像とかも結構入れていくつもりです。
なぜか、ブログが真っ白けっけですが、そのうちレベルアップしていきますので期待しててください。
by chimoru | 2006-01-19 15:44